つっぱり感

包茎手術を行っている専門のクリニックの広告などは、正直メリットな部分しか記載されていないものがほとんどになります。
物事何にでもいえますが、メリットという部分があれば必ずデメリットという部分が生じてくるのです。
ですので、包茎手術に関しても絶対といっていいほどメリットの裏側にはデメリットというものが存在してきます。
とはいえ、デメリットな部分ばかりを過剰に気にしていては、いつまでたってもコンプレックスからの解消は望めないというものになります。

要するに、メリットとデメリット双方を理解し、比較した上で手術をするかしないか決断することが重要になってくるのです。
現在の包茎手術には様々な手術方法が存在しています。
デメリットを少なくした新しい術式も出ていますので、実際にクリニックでしっかりと相談をすることが大切です。

その中で、「つっぱりを感じるようになった」というデメリットがあります。
もちろん、手術を受けた全員が全員こういった状態になるとはいえませんが、デメリットという部分でいえば結構多いものではないかと思われます。
通常、勃起時に余っている皮を切除します。

この場合では、普段勃起していないときには皮が余ってしまいます。
平常時に合わせてカットをすると、勃起したときに皮膚が突っ張ってしまうのです。
見た目ばかりを求めると実用性が失われてしまうということの一例であり、カットの幅については担当の医師と相談しながら慎重に決定することが大事になってくるでしょう。



[PICK UP]
それぞれの皮膚の状態に合わせた包茎手術を行っている専門のクリニックです ⇒ ⇒ 包茎

Copyright © 2014 包茎手術のデメリット All Rights Reserved.